マレーシア タクシー


ネタが豊富すぎてどうしようかと悩む、マレーシアのタクシー事情。
まぁ、書いておかないかんでしょ(´∀`*)

まず、我が家は以前にも書きましたが、車がありません。
止まっているガードレールにもぶつける人間に
ここでの運転は無理だと、7月の段階で悟りましたorz

なので、移動と言えば電車とタクシー。
幸いにもここは、徒歩10分以内に「平日5分おきに出ている自動運転の電車」
なるものが走っておりまして、電車移動には全く困りません。

ただ、週1の買い出しなんかはタクシーで行くことが多いですし
オフィスへ行くのもタクシーです。

そのタクシーですが、ここには2種類のタクシーがあります。
一つは「budget」と呼ばれる普通のタクシー
もう一つは「executive」と呼ばれる、青色の高級タクシーです。

青タクシーは、絶対にメーターで走ってくれますが
初乗りRM6.00(180円くらい)、メーターはRM0.20ずつ上がります。
対するバジェット(こっちは赤とか白とか紫とか色々)タクシーは
初乗りRM3.00(90円くらい)、メーターはRM0.10ずつ上がり・・ますが
メーターを倒さないタクシーも結構いるらしい・・

てことで、私はもっぱら「My Teksi」という
タクシー予約アプリを利用しています。
これで呼んだタクシーは、今のところ100%メーターで走ってくれます。

 

走ってくれますが

 

まぁ、これがまた色んなタクシーが来るわけでして。

タクシー一つとっても
日本的にも普通レベルの綺麗なタクシーから
立て付けが悪くなっていて、ドアを開けるのにコツがいるレベルの
おんぼろタクシーがまで、千差万別。

運転手もまぁ様々でして
ざっと見た感じ、マレー系の運ちゃんはとにかく喋る。もう喋る。
「どこからきたの?」「どのくらい住むの?」「仕事で来たの?」
はては「家賃は会社持ちなの?」etc,etc・・・
こないだなんて、ソンブレロかぶった運ちゃんでしたwwもうノリノリwww

ああ、そういえば運転しながら麻雀か何かを
スマホでやってた強者もいたな・・あの日、高速走ってたのに・・(;´Д`)
ま、とにかくマレー系の人たちは、陽気で面白いです。

対照的なのがインド系。
彼らはあまり喋りません。たまに喋る人もいますが、基本寡黙。
で、おつりのちょろまかし(ごまかし)が多いですwww
インド人、計算は得意なんやろ!それ絶対わざとやろ!!!なんて思っちゃいますww

中華系の運ちゃんは、殆どいません。
たまーに当たりますが、彼らはかなり真面目に運転しますし
おつりをちょろまかすこともないし、当たると何だかラッキーな気がします。

全体的に、子連れに対しては非常に優しいマレーシアの人たち。
タクシーを利用するときには、当然はっくんも一緒のことが殆どなので
余計あまり嫌な目に遭わないのかもしれないなぁ、なんて思っています。

いつもありがとうございます(´∀`*)

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RIE

RIE

投稿者プロフィール

マレーシア・クアラルンプール在住。9歳の息子と母子移住し、現在はビジネスインフラ整備事業、オフショア法人設立、海外口座開設サポート、輸出入ルートの紹介などを行っている。
中身はゲーマーかつイラスト制作やらドールカスタムやらやってる、ただのオタクとも言うw

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

只今放牧育児中

  1. 気がついたら4ヶ月も空いてる・・(;´Д`) 前回の記事・・ああ、色鉛筆比較記事を更新して以来じゃ…
  2. それは、一冊の本から始まった 親子揃って本好きな我が家。 休日にはKLの紀伊國屋に行って、書籍…
  3. 明けましておめでとうございます すでに1週間近く経ってますがw 今年はもうちょっと更新ペースを上…
  4. ノンフライヤーって知ってますか? 数年前、日本でも大ブレイクした 「油を使わずに揚げ物が作れる…
  5. オビツろいどとは? ねんどろいど、というフィギュアをご存じでしょうか。 手のひらサイズのデフォ…

おすすめ記事

  1. 一時帰国中にランチ会を企画して頂いてます(*´ω`*) 普段はマレーシアにいますが 坊主の長期休…
  2. 日本にいた頃、延々言われたこと うちは親がそろって医者 (いや片方は既にやめてるけど)と言うのも…
  3. 我が家にはテレビがありません。 日本の家には、テレビの顔をしたモニターがいますけど これも基本的…
  4. マレーシア観光シリーズ、始まるよ! マレーシアに住んで2年近くなるのに、実はあまり観光ってしてなか…
  5. 在宅の自由は、やらない自由でもある 在宅の仕事というのは 自分で自由に仕事時間を決めることが出来…

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る