一時帰国、緩む体・緩む心


半年ぶりに主人に会いました

マレーシアに住み始めてもうすぐ2年ですが
昨年は色々事情があり、しょっちゅう一時帰国していたので
2ヶ月おきくらいに主人と会っている状態でした。

RIE
おはじきも飲み込んだしな!
はっくん
それは言わんといて−!

おはじき事件についてはこちらからどうぞ

それが今年は、1月にマレーシアに戻ってから
何の事件も起こらず(!)
今回の一時帰国まで5ヶ月間、ずっと主人と離ればなれ。

もちろんSkypeで話したり
メッセでやりとりしたりはしていましたけどね。
元来マメさとはほど遠い二人なので、毎日とはいきませんww

 

帰ってきて4日、異変が起きた

土曜の夜、いつものように関空まで主人が迎えに来てくれて
その日は一泊し、日曜に香川へ。
次の日から二日間、主人は当直で家におらず。

で、水曜日にやっとゆっくり二人で(いや坊主ももれなくついてくるけど)
いちゃいちゃしたら、次の日から

死ぬほど眠い

もうね、いくら寝ても寝足りない。
仕事を入れていないのを良いことに、家事も全部放棄して
ひたすらうとうと・・

はっくん
お母さんーーー!!寝てないで僕と遊んでーーー(´;ω;`)
RIE
うにゅ・・ねむねむ・・(´ぅω・`)ぐー・・・・・
はっくん
僕のごはんーーー!!!orz

 

・・すまぬ、本当にすまぬ
しかしあまりに眠すぎて、まともに体が動かないんですよorz

で、主人にその話をしたら

主人
いや、実は僕もずーーーーーっと眠くてしょうが無いんだよね・・(´・ω・`)

 

・・どうやら久しぶりに会ったことで
お互い緊張の糸が一気に緩んでしまったようです(;´Д`)

 

流石に半年は空きすぎたかorz

日本にいる頃から、主人の仕事の関係上
週に1-2日は家に帰ってこない日がありましたし
会話という意味だけなら、正直マレーシアに行ってからの方が
明らかに増えたのですが

やはり、物理的に側にいるというのは
違うようですね。

中々仕事の都合で難しくはありますが
2-3ヶ月に1度はマレーシアにおいでよ、と
いう話になりました。

 

離れて分かる、お互いの大切さ

うちは一緒に住んでいた頃からラブラブでしたwwが
離れてみると、余計に主人がいることの大きさが
よーーく分かりますね。

私も坊主も跳ねっ返りのフリーダム人間なので
それをどーんと構えて包んでくれる主人の存在は
何というか「帰るところがある」安心感に繋がります。

主人は主人で、実は一人好きの寂しんぼという
相反する性質を持ってる人でしてw
いつもべったりはしんどいけど、だからといって
ずっと一人は寂しくてしょうが無いという・・

今のところ、日本とマレーシアに離れるという状況は
続く予定ですので
お互いにとってちょうど良い関係にあれるように
まだまだ試行錯誤の日々が続きそうです。

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RIE

RIE

投稿者プロフィール

マレーシア・クアラルンプール在住。9歳の息子と母子移住し、現在はビジネスインフラ整備事業、オフショア法人設立、海外口座開設サポート、輸出入ルートの紹介などを行っている。
中身はゲーマーかつイラスト制作やらドールカスタムやらやってる、ただのオタクとも言うw

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

只今放牧育児中

  1. 相変わらずのんびり更新です 書きたいネタはいっぱいあるんですけどねー 体調の波が激しくて、中々ブ…
  2. 気がついたら4ヶ月も空いてる・・(;´Д`) 前回の記事・・ああ、色鉛筆比較記事を更新して以来じゃ…
  3. それは、一冊の本から始まった 親子揃って本好きな我が家。 休日にはKLの紀伊國屋に行って、書籍…
  4. 明けましておめでとうございます すでに1週間近く経ってますがw 今年はもうちょっと更新ペースを上…
  5. ノンフライヤーって知ってますか? 数年前、日本でも大ブレイクした 「油を使わずに揚げ物が作れる…

おすすめ記事

  1. ラマダン入りしました マレーシアを含むイスラム教の国々は 今日からラマダン(断食月)。 …
  2. うちは1歳過ぎから4歳前まで 徒歩圏にある子育て支援館に入り浸りでした。 お陰で、まだねんね…
  3. 母子移住で、最も大きな変化。 それは 夫婦が簡単に会えない場所に離れて住むこと …
  4. これまで紹介してきたブームは、基本的に 子供自身が何かをするというものばかりでした。 ・・・…
  5. パスポート更新手続きは、海外でもできる はっくんのパスポートの有効期限は来年の春まで。 この一時…

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る