素直さは最大の武器(ただし盲信の場合を除く)


ビジネス界隈で良く言われることに

「素直さは最大の武器」

というのがあります。

これは確かにその通りでして
どれだけ成果の出ている方法も、特別なアドバイスも
それを「素直に」実行しなければ、成果は出なくて当たり前です。

 

何故、セミナーに出るのでしょう。
何故、色んな商材を購入するのでしょう。

それはひとえに「成果を出したいから」なのです。

少なくとも、あなたの選んだセミナー講師や商材は
あなたよりは成果が出ているわけです。
・・あ、詐欺商材じゃ無ければですけどw

そこに、自分で勝手に理屈をつけてねじ曲げてみたり
感情を優先的に採用して好きなところしかしなければ
そりゃ、どんな名コンサルでも、素晴らしい商材でも
あなたの成果を上げるのは不可能です(*´ω`*)

理屈をつけたくなったり、何かしらの感情が出てきたり
そういうこと自体が悪いのではありません。
問題は、それらに振り回されて、目の前の事が
そのまま出来なくなってしまうことですね。

なので、素直さは最大の武器です。
これが無くても成果を得ることはできるかも知れませんが
色々と遠回りすることになりかねません、経験上ww

 

ただですね。

一つ間違えて欲しくないのは

「素直である」のと「盲信する」のは
全く別であると言うことです。

上手い例えが見つからないのですが
例えば、ある方法を提案されたときに

「この方法なら絶対間違いない!」と信じ込んでやるのは盲信です。
この場合、成果を得ることは出来るでしょうが
その結果、誰かを、何かを崇拝する事になってしまいます。
依存状態、信者さん状態ですね

こうなると、信じた相手の言ったことに何かと左右され
自分の真ん中を見失ってしまいます。
その末路は・・まぁ、ろくな物ではないですね(;´Д`)

また、成果が出なかった場合
「アイツのせいで損した!」と途端に手のひらを返すのも
盲信された方の特徴です。
完全に、主導権を相手に委ねまくってるわけですねぇ。

これに対し、本当の意味で素直な人は
同じように提案されたことをするにしても
「上手く行くか実践して検討しよう」という方向に進みます。

そこに、思考や感情だけで無く「信じる」という行為も存在しません。
ただ淡々とやる、ですね。

上手く行けば、その方法が自分には合っていたと言うことで取り入れ
上手く行かなければ、合わなかったと言うことでさっと捨て去る

それを繰り返して行ける人は、本当の意味で素直ですし
例え今現在の成果がそれほどでなくても、いずれ成功します。

日本人は、その気質上
どうしても人に全てを委ねきってしまう傾向にあります。
そして、信じることをことさら強調するように思います。

でも、それは自分の真ん中を放棄して
そこに外部の者をすげかえちゃう行為なんですよ。
ちょっと考えてみて下さい

自分すら放棄しちゃう人が、誰かに何かを提供できるでしょうか?

 

ビジネスだけに限ったことではありませんけど
素直さと盲信を、取り間違えないようにしたいですね(*´ω`*)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RIE

RIE

投稿者プロフィール

マレーシア・クアラルンプール在住。9歳の息子と母子移住し、現在はビジネスインフラ整備事業、オフショア法人設立、海外口座開設サポート、輸出入ルートの紹介などを行っている。
中身はゲーマーかつイラスト制作やらドールカスタムやらやってる、ただのオタクとも言うw

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

只今放牧育児中

  1. それは、一冊の本から始まった 親子揃って本好きな我が家。 休日にはKLの紀伊國屋に行って、書籍…
  2. 明けましておめでとうございます すでに1週間近く経ってますがw 今年はもうちょっと更新ペースを上…
  3. ノンフライヤーって知ってますか? 数年前、日本でも大ブレイクした 「油を使わずに揚げ物が作れる…
  4. オビツろいどとは? ねんどろいど、というフィギュアをご存じでしょうか。 手のひらサイズのデフォ…
  5. 相変わらず家でダラダラ寝てることの多い生活ですが なんとか生きておりますw 体調は良くなったり悪…

おすすめ記事

  1. うちは嫁姑の中は、それなりだと思います。 姑から見ると、恐らく超ダラな上に なんとも張り合いの無…
  2. 先日、起業初期のマインドに関するSkypeお茶会を開いたときのこと。 「RIEさんが不安になる…
  3. 日本の一時帰国先も、ゴミ事情はゆるめですが・・ 日本の一時滞在先、つまり主人の住んでいるところです…
  4. これまで紹介してきたブームは、基本的に 子供自身が何かをするというものばかりでした。 ・・・…
  5. [su_note note_color="#f8e0ef" radius="6"]公開: 2015.…

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る