あなたの学習スタイルはどのタイプ?かんたん診断はこちらから!

はっくん、マレーシアで入院する(2)

さて、入院して点滴に繋がれちゃったはっくん。
脱水を起こしていますので、24時間ずーっと点滴をすることになります。

で、当然ながら尿量を測る必要がありまして。
室内のトイレに計量カップがあるから、これで毎回測って
紙に記入して下さいね−、と看護師さん。

そうですね、測るのは大事ですね。

しかし、一つ思うんですが
何で計量カップの目盛りが

一目盛り250ml

なんでしょうかwww

そんな量、6歳のお子様じゃちょっとやそっとじゃ出ませんがな!
そもそも脱水起こしてる位だから、一目盛り目まで到底届きませんって!!

お陰で毎回
「うーん、ここが250だから・・多分、100位?」という
何ともアバウトな記載をする羽目になったのでした・・(;´Д`)

そして、大変だったのが薬。
日本だと、大体シロップとか粉薬で出てきますよね。
こっちは、粉薬を水で溶いたものを
経口用のシリンジに入れて持ってきます。
んで、ちゅーっと子供の口の中に入れる訳ですな。

はっくん、この形態が大嫌いです。
粉薬でさらさらーっと口の中に入れて、一気に水で流し込む方が好きみたいで
もうお薬の時間になる度、ふて寝するわ目を合わせないわ・・

で、更に困ったことに、薬が朝昼晩じゃ無いんです。
多分、それぞれの薬毎に○時間おきってのが決まっているんだと思うんですが
夜なんて、10時、12時頃、2時頃、そして朝の6時に薬がやってきましたww
その度起こされて、嫌な薬を飲む訳ですから・・そりゃもう、ご機嫌超斜めですよ(;´Д`)

ちなみにこの病院は、完全看護。
親が寝泊まりする必要は無いそうです、が
流石に泊まらないと泣かれますww
大人用のベッドですので、まぁきついですが
一緒に寝られなくも無いですね。

しかし、お隣さん達、夜の10時になっても寝る気配がありません。
片方は中華系の坊や、片方はマレー系のお姉ちゃんでしたが
坊やはお父さんがいなくなる度「カーカー!!!!(どういう意味なんだろう・・)」と
泣き叫び、点滴を引っこ抜きそうな勢いで探しに行こうとするし
お姉ちゃんは流石におとなしく寝ているものの、入れ替わり立ち替わり
一体何人おるんな!って位家族がやってくるのです。

結局、静かになったのは、真夜中を過ぎてからでした・・
日本じゃ考えられないなぁこれはww
その代わり、動画を見るのにイヤホンもいらないですし
少々騒いでも周りを気にしなくて良いのは、非常に気楽でありがたかったです。

結果的に、思ったより状況が早く改善したので
1泊2日で退院できましたが
まだご飯ネタを書いてないので、もうちょっと話は続きますww

 

いつもありがとうございます(´∀`*)

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1979年生まれ。香川県出身。

幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。
その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し7年目。

家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。

趣味はお絵描き、ボードゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。

主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・

目次
閉じる