お宮参り(生後112日)

スポンサーリンク

土曜日に、やっとお宮参りに行ってきました。

既に産まれて3ヶ月半あまり。

喪が明けるまで待っていたとはいえ、こんな大きい子(ちっちゃいけど)が

ベビードレス来てお宮参り・・なんて目立つかなぁと思いつつ

やっぱりベビードレスを着せて行きました。

只今放牧育児中
左が生後4日、右が現在。

服に着られてたのが、ちゃんと服を着ています(笑)

並べてみると、改めて大きくなったのを実感しますね。

この地域の氏神様が分からなかったので

安産祈願をした神社に行くことにしました。

相変わらず、車に乗せると気持ちよく寝ています。

赤信号では怒りますが・・・orz

あまり深く考えずに行ったのですが、この日は大安。

しかも七五三シーズン?もあって、ちびっこだらけ。

同じ時間に祈祷を受ける初宮参りの赤ちゃんだけで5人。

まだくたんくたんな赤ちゃんを見て「うわちっちゃい!」と感動する二人。

はっくんだって、つい数ヶ月前まではあんなにちっちゃかったんですよね。

あっという間に大きくなってしまうんだなぁ・・しみじみ。

側に座っていたおばちゃんが「何ヶ月ですか~?」と聞いてくる。

「3ヶ月なんです」と答えたら、「うちの孫ももうすぐ3ヶ月なの」と。

この夏はかなり暑かったので、お宮参りを延ばしていたらこんな時期になっちゃったと

言っていました。

あぁ、超ちびっこばかりじゃなくて良かった・・とちょっとホッとしたのでした。

しかしここからが問題。

ご存じの通り、はっくんは抱っこ星人です。

しかも立って縦抱っこが大好きです。

無精して椅子になんぞ座ろうものなら「騙されませんがな!」と怒るのです。

祈祷の時って、当然座りますよね・・

もう絶対泣くってこれ。どう考えたって寝そうにないし。

後ろの隅の方に座って、泣いたら立ってあやそうね、と話していたのですが


「初宮参りの方は最前列にお願いします~」


Σ(゚д゚lll)(゚д゚lll)ガーン

・・・仕方がないので、覚悟してはっくんを抱いた旦那が最前列へ。

禰宜さんが「それではご祈祷を・・」と言い出した途端

ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

は、早すぎるがな!!(;´Д`)

しかも他のちびっ子達、みんなすやすや寝てるがな!!

大きい体を小さくして、ひたすらはっくんをあやす旦那。

しかし、座っている以上どうやっても泣きやむことはなく

祝詞もはっくんの泣き声でかき消されてしまうのでした・・・

一緒にご祈祷を受けた方々、本当にすみませんでした(´・ω・`)

只今放牧育児中
珍しく3人で撮った写真。さっきの大泣きの余韻がまだ続いています・・・orz

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・