ちち痛む

スポンサーリンク

妊娠初期から続くちちシリーズ(笑)

シリーズ化したつもりはなかったのですが、結構乳ネタ書いてるなー・・と。

事の起こりは10日ほど前。

義母が色々と食べ物を送ってくれたのですが

その中にバウムクーヘンが。

旦那は食べられないため、私が頂くことに。

・・と言っても、出産以来甘いもの好きが見事におさまってしまったので

それほど食べたくないんだけどなー・・まぁ勿体ないからと

4日かけて半分くらい食べました。

そしたら次の日から

左のちちが痛い・・・・・・orz

やっぱり甘いものはやばかったか・・

久しぶりのちくちく痛です。

実はこれまでにも何度か痛くなったことがあり

その度吸わせる&搾乳で乗り切ってきました。

今回は1週間たってもおさまらない。

小さいしこりも触れる。

・・まだ乳腺炎って程でも無さそうですが、あまりに治らないので

以前トコちゃんベルトでお世話になった助産院に行ってきました。

助産師さんがふにふにとちちを触り

「ごく軽い乳腺炎ですねー。お乳もちょっと質が悪いかな」

まじですか( ゚Д゚)

あまりべたついたり、黄色みの強い母乳は質が悪いらしい。

確かにちょっと黄みがかっているんだよねー、最近・・

ついでにどうやら私のおっぱいは相当良く出るらしい。

というか見事に供給過多。だから詰まりやすくなるんですよーと。

冷え性持ちなのですが、おっぱいって血液から作ってますので

当然血流が悪いと質が落ちるんです。

んで母乳不足になる人もいれば、全ての勢力をちちに注ぎ込んで(笑)

母乳過多になっちゃう人もいるらしい。

・・だから冷え性が悪化したのか(´・ω・`)

更に肩こり持ち。もう鉄の肩。助産師さんもびっくり(;´Д`)

これも母乳には良くないよーと・・

ということで、乳管のマッサージと温灸、イトオテルミーをしてもらう。

火を使わないお灸なんてあるのねー(調べたらせんねん灸だった)

ちなみに母乳過多に効くツボはおっぱいの谷間にある「だん中」。

母乳不足にも効くそうです。適切な量にしてくれるってことかいな。

あとは肩甲骨の内側、臍の下辺り、尾骨のちょい上にお灸を据える。

これがまた気持ちいいんだわ(´∀`*)家でもやってみようかなぁ。

そして、痛いところに貼る里芋シップ用の粉と、ビワの種の粉(こっちは飲む)を

頂いてきました。軽症だから2-3日で治るよ、とのこと。

しかし何より良かったのは、はっくんを見た助産師さんが

「授乳回数は少ないけど、一気にガッと飲むタイプなんでしょうねー

我流でも、これだけ立派に育ってれば大丈夫ですよ」と言ってくれたこと。

体重増えてるからまぁ大丈夫大丈夫、と言いながらも

ネットの情報と勘(笑)だけでやっていくのはちと不安だったのです。

お陰で自信が持てました。

ちなみにはっくんは、最初こそ愛想良く笑っていたものの

診療が始まると、誰も抱っこしてくれないことに腹を立てて

延々ギャン泣きしてました・・・orz

おいしいおっぱいのためだ、まぁちょっと我慢しとくれよーと

助産師さんと2人で言いながらの診察でした。

お陰でこの時間にぐっすり寝てます。よっぽど疲れたんだねぇ(´・ω・`)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・