はっくん、絵本を読む。

スポンサーリンク

母の話が続いたので、久しぶりにはっくんの話でも。

パルキッズを初めて約1年半。
暗唱用絵本教材は最後の半年(setD)に入りました。

以前、パルキッズの船津先生の講演で相談した際
「I can readのsetDが初見で読めたら、英検5級を考えて」と
言われたはっくん。

じゃあ物は試しに読ませて・・って
自分から持ってきて読むんですかそうですか(;´Д`)

まだ、流石に初見だと読めない単語もありますが
・・意外と、7割くらいは読めています。
フォニックスとサイトワードの力、恐るべし・・

英検はあくまでもはっくんのモチベーションとしか考えてませんので
実際に受験するのは1年生になってからの予定。
それまではのんびり絵本の音読で読める物を増やしていこうと
思っています。

・・ええ、勿論母も読むんですよww
全く、活字中毒まで母に似なくても良かったんですが・・
相変わらず本屋ははっくん(と母)にとってレジャーランドでして
疲れなければ1時間でも2時間でも立ち読みしています。
お陰で活字嫌いのお父さんが「ご、拷問だ・・(´;ω;`)」と
しょげてしまう有様です。

実際にはっくんが聴き取れているのか、喋れるのかは良く分かりません。
母もそこには(特に喋りは)あまり期待していません。
日本にいたら、別に喋る必要性がないからねぇ・・
ただ、児童英検の結果や、youtubeを楽しんでいるところを見ると
そこそこ聴き取れてはいるんだろうなと思います。

しかし、大人になってからだと
英語を身につけるのはこんなに大変なのに
子供って・・いいなぁorz

はっくんに追いつかれないように、頑張らないと(`・ω・´)

 

いつもクリックありがとうございます♪(´∀`*)

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・