あなたの学習スタイルはどのタイプ?かんたん診断はこちらから!

はっくんのやぼう 2015年6月編

「お母さん、僕日本帰ったら松茸食べたい」

 

一時帰国を10日後に控え、爆弾発言をしたはっくん。
どうやらyoutubeで松茸を見て、食べてみたくなったようです。

「松茸は、赤松の根元にあるんだよ」
「で、洗うとうまみが逃げるから、濡れ布巾で拭いて」
「炭火で焼いて食べるんだ〜(*´ω`*)」

 

・・己の欲望のための探索力は
見事としか言いようがありませんな( ゚д゚)

しかし、夏に松茸は・・流石に・・

と思っていたら

ヤフーニュースに「早松茸販売」とか
でかでかと出てるんですが(;´Д`)

「はっくん見てみ、これが松茸や」
「松茸もええけど、その値段見てみ」

「・・・ろ、ろくまんよんせんはっぴゃくえん!!?」

流石国産松茸。お値段も大変なことになっております。
せっかくの一時帰国だから体験させて上げたいのは
やまやまなんですが・・
夏に松茸は、ちょっと厳しいかもなぁ、と
はっくんの方を見ると

なにやら考え込んでいる。

 

「お母さん、僕日本に帰ったら
山に松茸採りに行く!!!」

 

ちょ、どうしてそうなった!!

 

「で、5万円くらいで売るんだ〜(*´ω`*)」

 

・・どうしよう、この商魂たくましい坊主ったら(;´Д`)
まぁ、比較的現実的?な野望ではありますが
本気で考えている辺りが恐ろしい。

しかしまた何で松茸なんだ。
香り松茸、味シメジという言葉を知っちゃったせいなのか。
まぁ、日本文化っちゃ日本文化だけど
どうしてそこに目をつけたんだろう・・

 

取りあえず面白そうなので

「採りに行きたければ、採れる場所と市場価格調べて
ビジネスプランくらい作ってみたらどうよ?」

と、焚きつけておきましたがww

これ、本当にプラン作ってきたらどうしようかなぁwww

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1979年生まれ。香川県出身。

幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。
その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し7年目。

家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。

趣味はお絵描き、ボードゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。

主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・

目次
閉じる