クラス替え

スポンサーリンク

あまりにクラス替えが面白かったので、書いてみる。

日本の小学校だと、どうするのかな・・
始業式の時に、どこかに名前が貼ってあって
そこのクラスに並んで始業式して、教室に行くって感じかと思うのですが

はっくんの学校
取りあえず学校に行ったら、例えば1Gだった子供達は
新しい2Gの先生に引率されて、2Gの教室に行きます。

先生の自己紹介があって
順番に名前を読み上げていくんだそうな。

そこで

 

「今名前呼ばれなかった子、手を上げてー」

 

・・・へっ?( ゚д゚)ポカーン

 

手を上げた子供達は
先生に連れられて、その子達の新しいクラスを探す
旅に出るそうですw
いやいやせめて新しい教室に入る前に
クラスは分けておこうよwww

実際には、呼ばれなかった子は2人だけだそうで
それ以外に2年生から新しく入った子が一人。
基本的には同じクラスで上がっていくようです。

ちなみに、このクラスには5歳から9歳までが一緒に入っています。
英語がイマイチな子達が学年を下げてるのは分かるとして
5歳って、飛び級状態ですな!しかも3人も居るって!!
はっくん曰く「英語の文章凄く上手なんだよ〜」だそうで・・

違う年齢の子供達が同じクラスに居るって面白いな〜と
純日本の教育を受けてきた母は思うのでした。

 

いつもありがとうございます(´∀`*)

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・