サービスを提供する以上、プロであるということ

スポンサーリンク

言葉の定義で、言い訳作っていませんか?

起業女子とかママ起業とか
言葉を換えているので見えづらいのかも知れませんが

どんな言い方したって、ビジネスをしているわけですよね。
お客様から対価を頂いて、何かを提供している。

にもかかわらず
「初心者だから・・」という人がいます。

最初は確かに自信が無いのは分かります。
失敗したら・お客様が満足しなかったらどうしようと
不安になって、つい出てしまう言葉なんだろうなとは思うんです。

ただですね

一度仕事として始めた以上
お客様にとっては、あなたは「プロ」です。

プロとして振る舞わなければならない、と言う言い方は
私はあまり好きではありませんが

少なくとも、初心者という言葉を言い訳にするのは
あかんなぁ、って思うわけです。

 

これが医師なら、どうなるか

私は元々形成外科医です。
医師として働いていた時間は短いですが
人並みに研修をこなし、夜間救急の当直もしておりました。

卒後3−4年位じゃ、形成外科医として大した事は出来ません。
顔面のほくろひとつ取るのも、術前に先輩医師に
デザインをチェックして貰いながらです。

だからといって、患者さんの要求レベルが落ちることはありません。
当然ですよね、体にメスを入れるんですから。

実際、病気になってかかった先のお医者さんに
「私、初心者なので・・」って言われたらどう思います?
流石に怖く無いですか?

春に大学を出たばかりのペーペー研修医だろうが
何十年も専門としてやってる医師だろうが、同じプロなんですよ。

命のかかった現場と、そうで無い職種とは違うと思いますか?
同じですよ、どちらも。
対価を頂いて仕事をする、その部分に違いはありません。

 

自分の未熟さを、「初心者」「主婦起業」という言葉で隠しちゃあかんよ

もちろん、出来もしないことをしろとは言いません。
自分の技術が未熟なのは、そりゃ仕方が無いです。
それはこれからの研鑽と経験で磨いていく物。

すんなり謝ればいいだけなんですよ、その時は。

そこに「初心者だから」と言い訳をつけるのは
自分が未熟だという事実を突きつけられるショックを
覆い隠すヴェールにしかなりません。

 

ビジネスに対する考えは人それぞれですが
どんな立場からビジネスをするにしても
お金を頂いて何かを提供している
=そのサービスについてはプロである、と言うことだけは
忘れちゃいかんと思ってます(*´ω`*)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・