ディーパバリ(Deepavali)

スポンサーリンク

マレーシアで二度目のディーパバリ。
ヒンズー教の光の祭典でして、感覚的には正月に近いようです。

IMG_3147

この時期になると、ショッピングモールや駅に
こんな感じの米絵が出現します。
これ、色つきの米や米粉で書いてあるんです。
中々精巧で美しいです(´∀`*)

 

さて、流石インターだけありまして、学校でも
ディーパバリのお祝いイベントがあります。
どうやら去年もあったような気がしますが、恐らく華麗にスルーしてたww

しかし、今年はスルーできない事情が。

 

はっくん「お母さん、ぼくディーパバリで歌うのー(*´ω`*)」

 

・・なんですと( ゚д゚)

 

はっくん、クラブ活動でGlee Club(つまり歌うらしい)に入ってまして
どうやら、ディーパバリでは歌を披露する事になっているらしい。

そりゃ・・流石に行かないわけにもいくまい。

当日は、それぞれの国の正月や結婚式などの正装できてね
出来たら赤か黄色か緑でね、と言われていまして
正装ったって、甚平着て行くのもねぇ・・ってことで
まぁその辺のTシャツで行くべ、なんて気軽に考えていました。

 

・・・2日前までは。

 

イベント2日前、はっくんが持って帰った連絡帳には

 

「ステージで歌うから、インドの伝統衣装で来てね(はぁと)」

 

・・・・・・

 

ちょっと待て。
明後日のイベントの服を、今から用意しろと?
マレーシアンクオリティ、炸裂ですなw

第一インド系の服なんて、どこで売ってるんじゃ!!
ここ、マレー系と中華系はいっぱいいるし
マレー系の服はそこら中で売ってるけど
インド系の服なんて見たこと無いがな!!!

慌てて、スカイプの向こうのマレー人スタッフに
「明後日までにインド系の衣装手に入れなあかんの(´・ω・`)
どこか売ってるとこ知らん?」と聞いたら

「Jalan puduか、Masjid Jamekあたりならあるよ(*´ω`*)」
と、ありがたい情報を頂きまして。

よし、行くか!仕事ほっぽって!!wwwと立ち上がった途端
バケツを移したようなスコールがorz

・・・その日は諦めざるを得ませんでした(´;ω;`)

 

翌日。

タクシーでMasjid Jamekのそごうを目指して貰うことに。
この日のタクシーは、フレンドリーマレー系。
かくかくしかじかで、と話をしたら
「それならこの道を入っていくといっぱいあるよ!」
親切にもインド人街へ連れて行ってくれました。
ありがとう運ちゃん、はっくんの遊び相手しながら運転していて
何回かぶつかりかけて急ブレーキ踏んだのはチャラにするわww

IMG_3186

この辺りはマレー人街とインド人街が並行に走ってまして
しかも服や布地の店が多いのです。
どこもこんな感じで所狭しと商品が並んでおります。

客引きのおっちゃんに危うく敷物を売りつけられそうになりつつも
何とか目的のブツをゲット。

IMG_3187

上下セットでRM69。お買い得です(´∀`*)
これはまだキラキラ少なめ。
女の子用の服は、もうこれでもか!と言わんばかりにキラッキラ。
そしてこの服ちっとも伸びませんww

 

さて、当日。
「5時半までに集合してね」と書いてあったので
取りあえず5時過ぎに行ってみました。
6時スタートとか書いてるけど、絶対始まらないと思いつつww

案の定、始まったのは7時過ぎ〜アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!
大体6時に来てる律儀な人の方が少ないですからwww

IMG_3198

学校にも勿論米絵。
シンプルですが、これはこれでかわいらしい。

光の祭典なので、オイルランプやろうそくは必須です。

IMG_3197

お菓子も用意されています。一袋RM2。
「ちょこっと辛いよ」って言われたお菓子
確かにちょこっと辛かった、マレーシア基準でww
私が食べても辛すぎるww

そして始まったステージ。
高学年のダンス、低学年のダンス(これまた可愛いんだ)があって
はっくん達Glee Clubのパフォーマンス・・

deepavali

ちょっと待て、あなたまたセンターですか!ww
こういうパフォーマンス物の時には、大抵目立つポジですな。
いつも通りノリノリでございます。

この後も、高校生のサックス演奏に引っ付いていったり(おい)
誰か分からないけどえらい先生のお誕生日を祝ったあげく
引っ付いていって抱っこして貰ったり(おいおい)
いつも通り、フリーダムに振る舞っていたはっくんでした・・(;´Д`)

相当楽しかったようで
興奮冷めやらぬままベッドに入ったら
1時間後に寝ぼけて起きてきて

「トイレ・・(´ぅω・`)」と、お風呂場に行こうとするwww
いやいやそこにもトイレあるけどそっちは使ってないww
しかも、終わってベッドに戻るのに、何故か今日の服を持って行こうとするww

まぁ、楽しかったのは良かった良かった(´∀`*)
母も、やっぱり相変わらずなはっくんをみて
何となく一安心だったのでした。

 

 

いつもありがとうございます(´∀`*)

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・