ブログ記事を書くのにかかる時間

スポンサーリンク

セルフブランディングツールとしてのブログ

ネットを利用した起業の場合、認知度の拡大ツールとして
ブログを利用する方は多いです。
Facebookやツイッターも有効なのですが
この二つはブログに比べると機動力・瞬発力に長けている分
長く記事を保存し、読んで貰うには難があります。

このため、セルフブランディングのツールとして
ブログは欠かせない要素になってくるのです。

はっくん
僕もブログ書くのーーー!
RIE
って、8歳児がブランディングしてどうすんの!!!
はっくん
で、僕のファンを増やして、Skypeで僕の講座開催して、お金稼ぐのー
RIE
・・そこらのプチ起業家より、しっかりしたビジネスモデルですなあなた(;´Д`)

 

ブログの更新頻度は、どのくらいが良いの?

ぶっちゃけ、書けば書くほどアクセスは増えますので
一日に大量の記事を投下する、というのも一つの方法ではあります。

実際、アメブロでブログを書いていた頃は
一日4-5記事を毎日投稿していました。
ネタに困ることはまず無いので、出来ちゃうんですよね。

ただ、現在は
メルマガも毎日発行していること
そして他の作業に割く時間を優先的にとっていることもあり
基本的に1日1記事の投稿になっています。

面白いことに、アメブロで1日4記事書いていた頃と
現在のワードプレスで1日1記事を書くのとだと
大体、アクセス数は同じくらいになるんですね(*´ω`*)
なので、当面は1日1記事ペースで書くことになりそうです。

 

ブログを書くのに、どのくらい時間をかけているの?

これは記事によってもかなり差があります。
アメブロで書いていた記事は、大体一記事10分〜20分で書き上げていました。

ワードプレスに移行してからは、記事書き時間は延びています。
早くても30分はかかっていますね。

というのも、ワードプレスでブログを書く際には
キーワード選定をしたり、アイキャッチ画像を選んだりという
アメブロには無かった作業が入って来ます。

特に、記事本文の上に上がるアイキャッチ画像。
これを選ぶのにかなりの時間がかかっているんですね(;´Д`)
もっとさらっと選べるといいんですけど
これまで画像を使った記事という物を書いてきていないので
ちょっと慣れるのに時間がかかりそうです。

 

ちなみにメルマガは一記事15分

メルマガは大体一記事15分で書き上げます。
こちらはメルマガの性質上
長文になるのを避けていますので、早いんですね。

ただし、内容はブログ並みに濃いですがww

 

何のための記事か、によってかかる時間は異なってくる

私がアフィリエイターとして活動していた頃は
アフィリエイト用のブログ記事は、1記事10分で書いていました。

キーワードを選定して
それに沿った超簡単な記事を書いて、アフィリリンクを貼るだけ。
簡単なんてレベルじゃ無いですよ、下手したら記事2行ですww

これは、アフィリエイトの場合
記事そのものを読ませるのが目的ではなく
アフィリリンクをクリックして貰うのが主目的だから。

あくまで通過点であり
長々と自分の記事を読んで満足させちゃだめなんですよね。
物足りないから、リンクをクリックして次へ進むとか
気になるから、リンクをクリックしてみたくなるとか
とにかく、自分のブログでとどまって貰っては困るわけです。

ですが、通常のビジネスで
購入ボタンや申し込みボタンを押して欲しいようなものであったり
またはお役立ち情報など、じっくり読ませたい記事を書くとなれば
やはりそれなりの文字数が必要となります。

購入に繋がるだけのモチベーションを
その記事で高める必要が出てきますからね(*´ω`*)

今のうちの形態ですと
アメブロは、あくまでもこのブログへの導線なので軽く
それこそ一記事10分ペースで
こちらのブログは逆に読ませるブログですので
30分くらいかけてじっくり書いております。

 

大切なのは、何のためのブログかということ

ただ、オンラインでビジネスを始めたからと言って
闇雲にブログを始めても効果は出ません。
自己満足にはなるかもしれませんけど・・

上記のアフィリエイトブログにしたって
Googleアドセンスと呼ばれる、クリックされるだけで報酬の出る広告と
クリック後に購入して貰わないと報酬が出ない広告とでは
当然、書き方も異なってきます。

ですので、何のために今自分はブログを運営しているのか
この点は、ブログを構築する早い段階で
具体的に詰めておいた方が、回り道をせずにすみますよ(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・