はっくん、マレーシアで病院にかかる

スポンサーリンク

はっくん、マレーシアの病院デビューです。

週明けからごほごほ鼻水だったはっくん。
取りあえず持ってきていた処方薬を飲ませて様子を見てました。

そしたら

 

昨日、学校から泣きながら帰ってきた・・

 

何かあったんか?喧嘩でも・・って喧嘩するようなタイプじゃないしな・・

 

はっくん「咳が止まらない〜ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!ゴホゴホゴホ」

 

ああ、泣いてると咳は止まりませんがな。
取りあえず家に入って落ち着かせて、って
・・これは、熱がでとるやろ!

慌てて体温計を買いに走り、測ってみたら38.0℃。
平熱の高いはっくんにとっては、大した熱じゃないです。
というより

この体温計、母の感じる体温-0.5℃くらいの表示です・・
もしかして、マレーシアは体温計までアバウトなのか?www

てことで、体温計は「参考値」ということにしましてww
取りあえず様子を見つつ、解熱剤の座薬を使ってその日は寝たのですが

朝になって、「首が痛い−、首曲げられないー」と泣き出した・・
熱も39度オーバーが夕方から続いてる、夜座薬入れたけどもう切れてるか
うーん、ちょっと気になる・・これは病院でチェックだな・・

慌ててAさんに電話して、近くのいい病院を教えて貰い
そのままタクシーかっ飛ばして病院まで行ってきました。
慌てすぎて、はっくんのパスポートコピーを忘れましたがorz

相変わらずの拙い英語ですが、取りあえず症状を伝えることはできます。
一般的な単語は知らなくても、医学用語なら知ってたりしますwww
なので、それを駆使して、ついでにこれまで飲ませた薬は全部メモって渡して
診察を受けてきました。

ここの先生は白衣着てないのね・・
診察室も日本とは違って、患者さんの椅子に背もたれがあるしww
看護師さんも素敵な柄の制服だし、いいなぁこういうの。

結果的に、ただの風邪だね、お薬出しておくよーで終了。
よかったよかった。

 

 

 

 

 

このお薬がくせ者だった・・

薬剤師さんが、それぞれの薬の飲み方を説明してくれます。
どんどんどん、っと薬を置いて
「これは熱冷まし、1回7.5mlで1日3回ね、こっちは抗生剤で・・」

 

・・・ん?どんどんどん、って・・

 

 

 

photo

マジで瓶やないけ!!!

いや、これはびっくり。日本でも咳止めシロップが
プラスチックのボトルででたりはしますが
ガラス瓶は想定外だったわー・・

んで、その量測るのどうするの?スポイト付いてるの?って聞いたら
いっしょにいれてるよーと

 

photo2

・・・それはスポイトではなく、シリンジと言うんだwwww

10mlのシリンジですな。これで測れと・・
なるほど確かに、これなら飲ませやすい。
しかし、こっちの薬は「○日分」って書いておきながら
それ以上の量が入ったものをくれるのね。

で、帰ってきて早速、薬を飲みました。
結構甘くていい匂いがします、するんですが

 

はっくん「うげ、すっげぇ苦い(´;ω;`)」

 

見かけ倒しかい!!!!!
涙目になりながら、頑張って飲みましたよ・・
これがまた量が多いんだわ。マレーシアの子供えらいなぁ。

普段は日中に解熱剤を使うことは無いのですが
今回は1日3回で出してくれたので、熱も朝から高いし・・と使いました。

ええ、凄い効き目です。1時間で熱が2度下がりました(;´Д`)
日本のアセトアミノフェンの容量は、諸外国に比べて低いとは聞いてましたが
この効きっぷりはびっくりだ・・

流石6歳にもなると、熱が下がったからって踊り出しませんのでw
随分やりやすくなったなーと思います・・が
相変わらず、熱が出ている間は隣に引っ付いていないとだめー(ノД`)シクシクな
甘えん坊さんなのでした・・

 

いつもありがとうございます(´∀`*)

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・