マレーシア旅行記(1)

スポンサーリンク

夏休み、にはちょっと早いですが
諸事情あって早めの旅行と相成りました、今回のKL旅行。

私とはっくんは、2年前に来たことが・・てか1ヶ月いれば
住んでいた、って言った方が良いような気がしますがw
なのですっかり慣れてますし、何ともないのですが
主人は初めてのマレーシア、それ以前に

人生初の海外((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ということで、出発1週間前から
「落ち着かない熊さん」状態になっておりました・・(;´Д`)
いや、しかしよく分かるよその気持ち。
私も初めてマレーシアに来たときは、渡航前からずっと
あわあわしてましたから・・まぁ、原発事故のおかげで
そんなあわあわなんて、あっさり吹っ飛びましたけどwww

てことで、つれづれ旅行記です。
目的が目的だけに、観光超少なめですが・・
え、何が目的って?そりゃ追々に。

 

〈1日目〉

香川はあいにくの雨。
連休最終日だし、混むかもしれないねぇ、と
早めに高松を出発しました。

これが大正解。
渋滞情報を見ながら走ってましたが
通り抜けてきたところが、雨風がひどくなって速度規制出るわ
事故って渋滞するわ、えらいことになっておりました・・(;´Д`)

で、関空につくまでは良かったのですが、ここからが問題だった。

何せ早めに出たものだから、着いたのは

 

搭乗受け付け開始4時間前

 

どうすんだこりゃ!時間ありすぎやがな!!(特にはっくん)

結局ラウンジで、iPhoneアプリの絵本を見ながら
時間をつぶすことになったのでした・・

その間にも母はしっかりお仕事。容赦ねぇなww
どこでもできる仕事というのはありがたいものですけどね・・

今回は、初めてLCCっちゅーやつに乗りました。
2年前は2人で往復14万近くかかったのに、今回は3人で10万ちょい!
いやー良い時代になったものだねー・・なんて
何も考えずエアアジアをとったまでは良かったのですが

何ですかこの機内の寒さは!
そして、何ですか深夜なのにこの機内販売の多さは!!

・・はっくんは、それでも母を枕に父を足置きにして
それなりに寝られたのですが・・
私も主人もほとんど寝られず。
私に至っては、寒さで体調まで崩す始末orz

帰りはもっと防寒具を持ち込もう!と
みんなで心に誓ったのでした・・・

結局1日目は、ホテルについてアーリーチェックインの後
3人で爆睡し、しっかり休みを取ることで終了。
ご飯だけは食べに行かないと、ということで
ペトロナスツインタワーの根元にある
SLIA KLCCで食べました。
ここ、2年前にはっくんと通い詰めたんですよねぇ・・もう何食べても美味しくて、おかげですっかりマレーシアにはまりました。

そのときはっくんがお気に入りだったのがこれ。

1006004_487500494661846_1664626442_n

4FのMiss Kwansにある「Fish Ball Noodle」RM14.00(約450円)
お米の平麺に、魚のつみれとレタスと何らかの野菜(香草?)入り
味は薄めであっさりしております。

2年前ここで食べて以来
「また食べに行こう」「お父さんにも食べさせよ
はっくんがずっと言い続けてきたメニュー。
念願かなってまた食べることができました。
主人も「これは美味い!」と早々と完食。

これ以外にも、クエというういろうに似たお菓子や
こっちのフルーツ、Nasi Lemakと
初日にして、かなりいろんなものに手を出しましてww
3人ともご満悦(´∀`*)

ホント、ここに来たらまずは運動する手段を作らないと
簡単に太ってしまいそうですな・・

続く!

 

いつもありがとうございます(´∀`*)

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・