卒乳間近?

スポンサーリンク

実は、まだまだおっぱい坊主だったはっくん。
流石に回数は減りましたが、昼寝と夜寝るときには
おっぱいが必須だったのです。

それが、ここ1週間ほど様子が変わってきました。

きっかけは、はな垂れ風邪。
鼻が出ておっぱいが飲みづらい。
で、勢い余って囓っちゃって怒られたり。

「苦しくて飲めないなら、無理して飲まないの!」と
よしよしポンポンしていたら・・あれ、寝ちゃった。

今までも、私以外の人が寝かしつければ
よしよしポンポン・・どころか、隣に人がいれば寝ていたはっくん。
しかし、母がいると必ず「いちごのおっぱい~(´∀`*)」と
おっぱいを要求していたのに・・

(ちなみに彼の中では、おっぱいはイチゴ味とミカン味らしい)

その日から1週間。
飲むペースが2日に1回程度になってきました。
今日も、特にこちらからおっぱいのことを言わなかったら
母に背中をひっつけて、手を繋いで寝ちゃいました。

・・これは、本格的に卒乳が近いのかな。
3年ともうすぐ3ヶ月、いやー長かったなぁ・・
いざ卒乳となると、ちょっと寂しいものがありますが
自然卒乳を目指していただけに、この展開は理想的かなぁなんて
思ったりします。

卒乳したら
取りあえず主人と美味しい日本酒で乾杯するのが楽しみなのです。
あ、あと授乳パジャマがやめられる(∩´∀`)∩ワーイ

でも、きっと主人と乾杯しながら、母は涙しているような気がするのでした・・

矢印矢印矢印いつもクリックありがとうございます♪矢印矢印矢印

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・