古代文字の解読ですかこれは・・

スポンサーリンク

今日は小話。

はっくん、今日は遠足に行ってきました。
遠足と言ってもこの学校の遠足は完全に授業と連動したものでして
今NPOについて学んでるので今回は障害者施設へ行くのだと。

 

 

施設で聞いた病名を全部メモしてきたから
どんな病気か教えてー(*´ω`*)とメモを渡されました。
うんうんその位ならいいよ
大学時代の知識とGoogleを総動員して教えてあげようww

そう、教えるだけならいいよーなんですが

解読作業までさせる気ですかあなたは( ゚д゚)

 

文字が汚い以前に薄すぎて読めぬ、しかも折り目が酷すぎて更に分からぬ
Twitterでゲーム仲間に見せたら
「これは完全に古代文字」と言われ、各種ゲームで使う暗号の解読表が貼られる始末ww

ええ母ちゃん頑張って解読しましたよ!!
多少の知識はあるから、記憶の隅に追いやられていたそれを引っ張り出し
Googleの予測変換と照らし合わせて全部判明

 

したと思ったら

 

「あ、裏もあるんよ(*´ω`*)」

 

誰もそんな驚きは
期待してないわあぁぁぁぁ!!!ヽ(`Д´)ノ

 

てなわけで、更なる解読作業に励んだのでした・・

結果、裏面の最後の1行だけは謎のままでしたが
ここまで解読出来ましたよ!

いやもうホント我ながら良くやったわ・・orz
はっくんや、お願いだから
もうちょっと字は読めるように書いてきておくれ・・

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・