報告と出血と(5w3d)

スポンサーリンク

今日、職場の上司に妊娠を報告しました。

本当は心拍を確認してからにしたいところですが

何せ業務が業務だし、いついきなり休むか分からない以上

早めに知らせた方が良いと思いまして。

上司は開口一番「やっぱりー、そうじゃないかと思っていたよー

どうやら自宅で私の事を話したときに、奥様から

「それ妊娠じゃないの?」と思いっきり突っ込まれたらしい・・

仕事の方も、外病院の当直を免除してもらうことに。

本当はdutyの当直も減らして欲しいところだが

人不足の折、そこまでは言えず・・

ただ、外病院の当直中「体調が悪くなった!診てもらいたい!」となりますと

診れる人間は自分自身のみ(しかも専門外)という

恐ろしい状況が生まれてしまいますので(ノД`)シクシク

これを回避できたことは大きいっす。

んで

実は相変わらず薄茶色のおりものが続いている。

まぁ大した量じゃないし、様子見ても良さそうな気もする。

しかし続いてるしな・・・・・・・・。

何か、どのタイミングで病院に行けばいいのか悩んでしまい

見学していた手術室をそーっと抜け出して、いつもの病院に電話をかける。

私「あのー、実は薄茶色のおりものが続いていて、でも量は多くないんですけど

これ、どのくらい様子見たら良いんでしょうか」
助産師さん「薄くても出血は出血ですんで、直ぐ来て下さい

・・・直ぐ!!?are?*

行ってきましたよ、職場抜け出して(゚Д゚;)

病院を抜け出して病院に行くって、何だか変な感じですが・・

で、病院ではあっさり

「胎嚢も大きくなってるし、まぁ問題ないでしょ
トランサミンと当帰芍薬散出しておくねー

無理はしちゃだめですよ」

・・・おお、何だかとても問題のなさそうな状況だ(笑)

前回は、出血で診察されたときからずーーっと

「今回はだめかもしれないねー」って言われてたのに・・

その一言で安心し、薬を持って職場の病院へと帰っていったのでした・・

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・