完母への道(2)

スポンサーリンク

続きです。

何かの参考になれば、とつけている育児日記を見ると

「どうも5分ずつじゃオッパイ吸い切れてないんじゃ」と思ったらしく

退院した次の日から片方7~10分ずつ+ミルクになった模様です。

ちなみに生後7日がこんな感じ。


0:30 母乳(10-7)←飲ませた時間 ミルク30cc

 ↓寝てる

4:30 母乳(7-10) ミルク35cc

 ↓寝てる

8:00 母乳(10-5) ミルク15cc

 ↓寝てる

11:30 母乳(12-10) ミルク10cc

 ↓遊んでいる

14:30 母乳(10-20) ミルク10cc

 ↓ぐずっている

17:00 母乳(8-5)

 ↓寝ぐずり継続中

18:30 母乳(20-10) ミルク20cc

 ↓寝てる

21:00 沐浴、母乳(5-0)

 ↓寝てる

22:00 母乳(10-20)

最初はミルクを60cc作って飲ませていたのですが

こんな感じで半分も飲まないことが多く(爆睡してしまう・・)40ccに減量。

この頃何が大変だったって、飲みながら力尽きて寝てしまう事。

大体片方のおっぱいを5分飲んだら寝てました。

そこからは、ほっぺをつついたり足をくすぐったり

しまいには畳に直で寝っころがし、放置してみたり・・

おっぱい後のミルクも、無理矢理口の中に突っ込んで

反射で飲ませている(笑)感じでした。

一応完母にしたかったので、ほ乳瓶はピジョンの「母乳相談室」を使用していました。

ピジョン 桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室 哺乳びん
ピジョン 桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室 哺乳びん

ベビースケールは持っていないので、本当に母乳を飲んでいるのか不安で

「おっぱいがスケルトンになって、目盛りが付いていればいいのになー」と

しみじみ思っていた記憶があります(;´Д`)

そのくせ、見た目にほっぺの肉がぷにぷにしてきたので

大丈夫っぽいねーと、もの凄くアバウトに判断してましたが・・

更に続きます。


スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・