宿を取る(33w5d)

スポンサーリンク

一時はどうなることかと思った産後の手伝いですが

結局実母が来ることになりました。

丁度私の出産頃までに祖父の法事関係も一段落するらしく

「心おきなく行ける」だそうで。

まだ1ヶ月ありますので、その間に体調の変化がなければ、という条件付きです。

そこで宿を取ることに。

・・いや、うちに泊まってもらうという方法もあったのですが

おそらく旦那も母もお互いに気を遣うだろうし

夜くらいはゆっくり寝てもらった方がいいんじゃないかなと。

ついでにうちには人の泊まれるスペースがないし(笑)

で、朝一で狙っていたマンスリーの空き室を確認。

すると「既に満室です」だと・・
ちょっと待て、今日から予約受付開始だよな?

たかが1時間で埋まっちゃったとでも言うのかい・・(ノД`)シクシク

それを実母に伝えたら

「じゃあいつものホテルに空き室確認するわー」

(母がこっちに来るとき利用しているビジネスホテル。余所よりちょっと安い)

・・それは大分お値段が高くなりますなorz

月10万くらいと踏んでたんだが・・15万を覚悟せねば・・

しかし背に腹は代えられまい。

ちなみに狙っていたマンスリーは光熱費込み月9万でした。

そして数分後

「長期滞在割引で、月11万でいいって~!」

・・た、助かった・・・(;´Д`)

まぁ実母50歳、この年まで一人暮らしの経験もない人なので

ホテルの方がいいのかもしれん・・と何となく自分を納得させるもとでした。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・