新生児 寝ぐずり対策(生後24日)

スポンサーリンク

いやー、流石に中々日記が書けませんねぇ・・

生後2週間頃から始まった寝ぐずり。
最初は可愛らしいものでしたが、最近は夜中の1時~4時頃までギャン泣きorz

いやまぁ、赤ちゃんは泣くのが仕事なんだけどね
流石にこの時間に大泣きされると、近所迷惑が気になる今日この頃。

 

スワドリング(おひなまき)なるものを見つけた

何とか上手く寝てくれないものか、と調べた結果
スワドリングなるものを発見しました。
早い話が、おくるみで手が動かないようにちょっときつめに巻くというもの。
胎内では自由に手足を動かせない生活を送っていたのに
急に外に出て手足が自由に動く(むしろ勝手に動いているような)ことに
赤ちゃんはとまどうらしいです。
そこで胎内環境を再現しようというわけらしい。

それ専用のおくるみも売っているようなのですが
ちょっと高い・・ということで、取りあえずバスタオルで巻いてみました。
只今放牧育児中
 ・・ぼ、僕何で巻かれてるの・・・?美味しくないよ・・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・カワエエヽ(;´Д`)ノ
蓑虫のようだ・・

 

おひなまき、効果あるやんけ!

そして効果の程はと言うと
次の授乳まで4時間近く爆睡してくれました。

ただ、はっくんの場合うとうとしているときに巻かないと効かない模様。
ギャン泣きが始まったら、おとなしく付き合うしかありません。
ちなみにこれを書いている後ろでも、旦那に抱かれてギャン泣きしています・・orz

それでも睡眠時間が確保できるだけいいよ、うんうん。

ちなみにこの巻き巻き状態、写真で見るより実物を見た方が
もっと可愛さに萌えます(笑)お試しあれ~(´∀`*)

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・