方言恐るべし

スポンサーリンク

マレーシアから帰国して3週間。
向こうでアルファベットが書けるようになって帰ってきたはっくんですが
更にひとつ、おもいっきり変わったことが・・
なんと
はっくんが東讃弁に染まっております(;´Д`)
もともと、家の中では
父が標準語、母は標準語混じりの東讃弁。
で、はっくんはというと
家では東讃弁混じりの標準語、外ではきっちり標準語と
使い分けてました。
それが、香川に帰ってきて10日くらい経った頃から・・
「あんなー、はっくんなー、ほんでなー・・・」
・・・・・なんですと( ゚д゚)
ご、語尾がひたすら「なー」に変わってしもとる・・
これには父も、Skypeで( ゚д゚)ポカーン
「い、一体どうしたの・・・(;´Д`)」と・・
いやー子供の適応力、恐るべし。
幼稚園が始まったらどうなっちゃうんだろう・・
幼稚園のあるあたりは、また方言が違うんですね、実は。
香川って、小さい割に西と東で方言がかなり異なる上
実家のある東のはじっこは、むしろ徳島の方言に近いのです。
英語と日本語のバイリンガルならぬ
標準語と讃岐弁のバイリンガルになっちゃいそうな
はっくんなのでした・・

矢印矢印矢印いつもクリックありがとうございます♪矢印矢印矢印

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    確かに東と西では違いますね。
    比べてみるとなかなか面白いですよね!
    私も…上の子供は標準語で育ててきたのに…
    幼稚園に行き始めたら、あっという間に方言に変わって帰ってきました(^^;)
    子供ってすごいですよね~(^_^;

  • SECRET: 0
    PASS:
    人事では無いですね~。
    実は私も、静岡で生まれ育ちながら、両親は九州っ子なんで、学校などで、『なんばしよっとか』や『何やっとっと?』など、つい出ちゃったりして、よく友達をポカーンとさせたもんです(^_^;)
    今ではさすがに消えましたけどね。
    恐るべし。だけど、暖かい方言、好きですよ。

  • ABOUTこの記事をかいた人

    RIE

    1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・