母帰る(生後60日)

スポンサーリンク

今朝、実母が四国へ帰りました。

今日からは、はっくんと二人で昼間過ごすことになります。

当初の予定では、予定日の2週間前に来ておけば

母がこちらに慣れた頃に出産になって丁度いいだろうなんて言ってたのですが

実際は母が来た次の日の夜に破水、出産。

まるではっくんが母の到着を待っていたかのような展開でした。

祖父が亡くなるのが後1日遅かったら・・母が来るのは1週間後になる予定だったんです。

それ以外にもいろいろありまして

「この子は曾爺ちゃんに守られてるんかもねぇ」と最近では思っています。

明日で生後2ヶ月になるはっくんですが

最近ちょっとずつ笑うようになってきました。

まだ笑いのツボがいまいちよく分からず「何が楽しいん?」と聞くこともしばしばです(笑)

これがあやして笑うようになったら楽しいんだろうなぁ。

ベッド柵に貼り付けた、くまさんetcのイラストに向かって喋ることも増えてきました。

「あぅ~」とか「はふ~ん」とか、何とも力の抜ける声で喋ってます(´∀`*)

しかしベッドで遊べる時間は授乳後20分が限界。飽きてくると

「抱っこして~( ´;д;`)」と、まさにこんな顔して訴えてきます。

抱っこで寝ても、ベッドに置くとお目々ぱっちり☆になるため

昼の簡易ベッドは私のあぐらの中・・足痛いし痺れるし(ノД`)シクシク

母が帰っても、おそらく家事は何とかこなせそう・・というか

もともとダラなのでそれ程問題無さそうですが(笑)

度重なる抱っこ攻撃に私の腕がついて行けるのか心配です・・

まぁダイエットと思って付き合いますか。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・