縫合しちゃいました・・

スポンサーリンク

朝、芝刈りをしている側で、遊んでいたはっくん。
こけたかと思うと、「おかあさーーん!!!。・゚・(ノД`)・゚・。」と大泣き。

ちょっとやそっとの事じゃ泣かない子なので、こりゃ流血沙汰だな・・と思ったら
左の眉上が、6cmくらいぱっくり割れておる・・(;´Д`)

慌てて主人がタオルを持ってきて、取りあえず大泣きする中、止血。

どう見ても、ちゃんと縫わなければいけないくらいの傷だったので

近隣の病院に問い合わせたら
「すみません、今日はお休みで・・」
・・・そうか、今日はお盆だから休みなのか!

そりゃしょうがないのう・・って、終わるわけにも行かず。
大学の医局に電話して、当直の先生にお願いしてみようか・・と言う話になり

電話をしたら、何と「PHS鳴らしても繋がらないんです(;´Д`)」
( ´゚д゚`)エー それはいかんのでない?

顔だし、形成外科で・・と思ったものの、この調子でらちがあかないので

近くの整形外科に電話して、お願いしました。
ついてびっくり。そこも何とお盆休み中!

たまたま先生が電話の側にいたらしく、処置していただけることになったのですが

いやはや、何とも申し訳ない・・しかし、ついてるなぁ我々。
さて

3歳児の傷の処置。
ぶっちゃけ大変です(笑)

当然言うことなんて聞きません。

麻酔の注射して痛くなかろうが何だろうが

当たり前のように暴れます。

看護師さん2~3人がかりで押さえつけて

処置するなんて、いつもの光景です。
特に男の子は・・小学校上がるくらいでも大変な子はいるんだな・・
そんな経験から、はっくんもきっと大変なことになるだろうと・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

先生一人だし、我々ががっつり押さえる羽目になるんだろう・・と思っていたら
「怖いようウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」と泣きながらも

動かないはっくん。

涙で清潔な覆布がびしょびしょにこそなりましたが

伊達に「3さいだから、おとななの~」なんて言ってるわけじゃない。のか?(笑)

お陰でスムーズに処置が終わりました。

母ちゃん、あまりのスムーズさにびっくりしたよ・・
ちなみに整形外科なので、縫ったのは5針と少なめです。

・・自分が縫っていたら、10針~12針コースです。

傷跡が残ることも心配ですが・・それより、眉毛にちょっとかかっちゃったので

眉毛がずれないかどうかが心配だったりする・・
まぁ、いざとなったら形成外科に駆け込みますかね。
んで

処置が終わってしばらくは抱っこ星人だったはっくんですが

そこはそれ、いつもの立ち直りの早さをいかんなく発揮して

30分もしないうちにいつも通りに走り回っていたのでした・・って走っちゃいかんて!!

矢印矢印矢印いつもクリックありがとうございます♪矢印矢印矢印

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・