義実家、妊娠を知る(9w3d)

スポンサーリンク

昨日、義実家に妊娠を知らせました。

旦那から、義母・義父&義弟(義母は祖母の介護のため四国にいます)・義妹の順に。

まずは義母。

旦那「えー・・実はもとちゃんが妊娠してます」

義母「キャー!!ホント!?
  いやぁ良かったわぁ
!!嬉しい~!!!」

・・・お義母ちゃん、携帯が壊れますがな(笑)

その後電話を替わってもらい、ひとしきり

「いやぁホントに良かった!!嬉しいわぁ!!」と嬉し泣き&舞い上がってました・・

まぁ、予定通りの反応ですが(笑)でも、嬉しいものです。

次に義父。


旦那「えー、僕パパになりそうです(笑)」

義父「そうかそうか!そうじゃないかと思ってたんだよ!!」

どうやら以前旦那が「もとの調子が悪い」と義父に言ってたらしく

勘のいい義父は「これは妊娠かもしれん、しかし聞けない」と

悶々としてた模様。
ごめんねぇ、もうちょっと早く知らせてあげたかったんだけど

何せトラブル続きだから・・・(;´Д`)

義弟に「どうよ、父親になるって気分は?」と聞かれ

「エコーの豆粒すら可愛いノ(´д`*) 」と惚気まくってる旦那でした。

最後に、義妹(・・といっても、実は義弟も義妹も私より年上なんですが)。

彼女は10月に男の子を出産したばかりなのです。


旦那「僕もパパになるよ~(´∀`*)」

義妹「えっ!?ええっ!!!?

 ちょっともとちゃんに替わってー!!」

・・その後小一時間義妹と話してました。

義妹は「産後は母乳育児で痩せるらしいから、少々太っても大丈夫!!」と

妊娠中もりもり食べたお陰で+18kgだったらしいのですが

「それがさー、母乳があんまり出なくて体重戻らないのよー(ノД`)シクシク

母乳ダイエットは当てにしない方がいいよー(笑)」・・・だそうな。

・・こんな感じで、いろんな方に喜んでもらったわけですが。

その1時間後

旦那の携帯が鳴る。


ちょっと遠い親戚「もとちゃんおめでただって!?よかったねー!!!」

・・・・お義母ちゃん、舞い上がってそこら中に電話した模様です(笑)

義母の妹からも電話を頂きました。

彼女は流産を繰り返した経験があるため、やはり喜び方も違う。

「もうとにかく無理しないで安静にして!、赤ちゃん一番よ!後悔せんようにね!!」
嬉しかったです。今の私の気持ちを、おそらく一番分かってる人だから

言葉に重みがありました。

しかし総じて

実家より義実家の方が舞い上がり度が高いのは何故なんだろう(笑)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・