胎嚢確認!(5w1d)

スポンサーリンク

産婦人科へ行ってきました。

問診表を書いて、採尿して、待つこと1時間。

看護師さんの予診で血圧を測ったら156/85!!

「あらぁ、高いねぇ」と驚かれ(白衣高血圧なんです、医者なのに・・・)

更に1時間後、やっとこさ診察へ。

前回のこともあるためか「もうとにかく無理しないで!」と

医師に口を酸っぱくして言われました。

んで、血圧を見て

先生「いつもこのくらい?」

私「いや、普段は135/85くらいです。それでも高いですけど・・」

先生「そりゃ妊婦さんでは高血圧だね
   取りあえず自分でコントロールしといて

 Σ(゚д゚lll)ガーン 

なんてアバウトな指示ですか(;´Д`)

先生「どうしてもコントロールつかなければ薬使おうね」

・・・・すでに減塩生活やってるんですが・・大丈夫か自分。

そして、内診台へ・・

「まだ赤ちゃんは見えないだろうなー」と言われつつ

エコーを見る。

・・・と

「あ、GS(胎嚢)あるねー!」

・・あ、ホントだある!!!

只今放牧育児中

・・実際に見たときはもうちょっと大きく写ってましたが

静止画ならこんなもんかしら。


先生「うーん赤ちゃんはまだみえないねぇ」

私「まぁまだ5週ですしねぇ」

実は昨日、薄茶色のおりものが出たのですが

今日は出血無し。どうやら問題ないようです。

そして助産師さんから今後の話を聞いて終了。

次回は2週間後、心拍確認です。

現時点で予定日は


2007年7月6日! 本日5週1日です。

前回は胎嚢も微妙だったので

すくすく育った胎嚢を見て、もう嬉しくて嬉しくて・・

迎えに来た主人の車に乗った瞬間、大泣きしてしまいました。

良かった、本当に良かった・・

次は心拍の確認、どうかできますように・・

※この日のことは、今でも鮮明に覚えています。

やっと帰ってきてくれた!という想いと

また流産したら・・という不安が混じった複雑な日々でした。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・