あなたの学習スタイルはどのタイプ?かんたん診断はこちらから!

英語学習法 母の場合(1)

32にして、初めて真面目に英語を学習しようとした
私の英語学習の軌跡です。

まずは、私が英語学習を始めたきっかけを。

学生時代、英語は大の苦手でした。
小難しい文法の授業について行けず
英語は中2で放棄しました(早すぎww)。

 

それ以後

高校受験→英語が足を引っ張るorz
大学受験→第六感が冴え渡る(;´Д`)
大学時代→まぁ英語出来なくても何とかなるしー
医者時代→抄読会!?英語の論文!!?主人に訳して貰う(*´ω`*)

・・・と、それはそれは見事なまでに
低空飛行で人の力も大いに借りながらすり抜けてきたんです。

 

 

2010年の秋。
5年来ネットで探し続けていた師匠とコンタクトが取れ
師匠にいたく気に入られたのか
「うちのビジネス一緒にやらないか」と誘われ
英語がおぼつかないにも程がある状態だってのに
外資系決済サービスのエージェントを始めちゃったのです。

師匠は日本人ですが、他のスタッフは全員外国人。
当然やり取りは全て英語
当時は日本に住んでいて、やり取りは全てメールでしたが
当たり前のように英語・・

ついでに

 

師匠「2ヶ月で英語何とかしなさいね(`・ω・´)」

 

・・マジか。
てか2ヶ月でどうにかなるものなのか、英語というのは。

これがきっかけとなり
英語を真剣に勉強する羽目になったのでした・・(;´Д`)

ありがたい(?)事に、この企業は実践重視
資格なんぞ意味が無いから取るな!という方針でして
お陰で私は「取りあえずスタッフとメールで意思疎通を図る」という
目的にのみ特化して勉強すればokでしたから
そう言う意味ではハードルは低めだったのかもしれません。

 

でも、やっぱり2ヶ月は無茶だと思うよ、今でも・・orz
大体当時の英語力は

「中3の教科書はちょっと難しいね」

って状況だったんだから(´;ω;`)

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1979年生まれ。香川県出身。

幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。
その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し7年目。

家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。

趣味はお絵描き、ボードゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。

主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・

目次
閉じる