トゥドゥン(スカーフ)の話


マレーシアと言えば、イスラム教国家。
国教はイスラム教だけど、信教の自由はあるという
一風変わった国です。

イスラム教、というと想像するのは
女性の真っ黒な姿、な人も多いかもしれません。
私自身、マレーシアに来るまでに出会ったイスラム教徒は
たった一人、しかも彼女は脳神経外科医でして
常に白いスカーフを(手術中も!)かぶっておりました。

それ以外のイスラムに関する知識は、メディアから得た物くらいしかありませんでした。

なので、大した予備知識も無くマレーシアに行って
あまりに想像していたイスラムと違ってびっくりしたことがあります。

それは

マレーシアのムスリマ(女性のイスラム教徒)にとって
スカーフ(トゥドゥン)はもはやファッションの一部と化していること。

街を歩くと、それはそれは南国らしい華やかなトゥドゥンを身につけ
マレーシアの民族衣装である、バジュクロンを纏った
コーディネートバッチリですねアナタ!って女性がそこかしこにいます。
いっつもTシャツチノパンでウロウロしてる私にゃまぶしすぎます(;´Д`)

そして

イスラム教徒だからって、全員がトゥドゥンを付けているわけじゃない、ってこと。

この国では、トゥドゥンを着けるのは義務ではないようです。
実際、よちよち歩きの女の子がすぽっとかぶれるタイプのトゥドゥンを着けてるかと思うと
大人の女性でも着けずにいたりします。
この辺は個人の裁量に任されているようです。

ということを、つい最近知りましたww

今の職場の同僚のJさん。彼女は20代前半の女性です。
私がオフィスに行き始めた頃は、トゥドゥンも着けておらず
日本でも見かけるようないたって普通の洋装をしておりました。
当時、「マレー系=イスラム教徒=みんなトゥドゥン着けてる」と思っていた私は
彼女はマレー系じゃないのかなー、顔立ちだけじゃ分からないなーなんて
思っていたのです。

そしたら、ある日を境に突然
トゥドゥンを着けて出勤してきました(゚д゚)!
最初誰だか分かりませんでしたwww
この時初めて、彼女がマレー系である事を知りました・・
どうやら、何らかのきっかけがあると、着け始めたりするようです。
流石にきっかけまでは聞いてませんが・・

で、ここからの彼女の進化が凄い。
私は週1回だけオフィスに行くという業務形態なのですが
最初の日の彼女は、取りあえずふんわりスカーフを巻いてみました、という感じ。

次の週になると、巻き方がお洒落になってましたΣ(゚Д゚;
こっちの人たちは、トゥドゥンを着ける前にヘアバンドっぽいもので
髪の毛をきっちり出ないようにしちゃうのですが、そのヘアバンドっぽいやつと
トゥドゥンとの色も合わせてます。

で、さらに次の週。

彼女、バジュクロンを着てきました。
ドアを開けてくれた彼女を見た途端、( ゚д゚)ポカーンとする私ww
いやいやJさん大変身ですがな・・
日本だと中々見られない色の組み合わせ。
南国だからこそ映えるんでしょうね〜(´∀`*

で、間近でみたバジュクロンに感動して
写真撮らせて貰いましたwww

jenny

長袖で暑そうに見えますが、実際にはかなり薄手のさらっとした生地で
見た目ほど暑くは無いように思います。
光沢のある生地で仕立ててあるので、無地でも凄く綺麗です。
トゥドゥンの模様がアクセントになっていて
ホントお洒落じゃのう・・(*´ω`*)

5ヶ月住んでみて思いますが、マレー系の人たちは
お洒落というか、色彩感覚が優れている人が多いように思います。
結構鮮やかな色をバンバン使うのに、全体としてすっきりまとまって見えるのは
色あわせの苦手な私からすると、ひじょーーーーーに羨ましい(;´Д`)
ここにいる間に、少しでも色彩感覚を磨きたいなぁと思うのです、ホント。
あんまりお洒落に興味は無いけど、落書き程度のイラストは描きますのでw

しかし折角マレーシアにいるんだし
機会があったら、バジュクロンは着てみたいなーと思うものの
お店で店員さんが寄ってくるのが苦手なお陰で
どうしてもバジュクロン売り場に近づけないのでした・・orz

 

いつもありがとうございます(´∀`*)

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RIE

RIE

投稿者プロフィール

マレーシア・クアラルンプール在住。9歳の息子と母子移住し、現在はビジネスインフラ整備事業、オフショア法人設立、海外口座開設サポート、輸出入ルートの紹介などを行っている。
中身はゲーマーかつイラスト制作やらドールカスタムやらやってる、ただのオタクとも言うw

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

只今放牧育児中

  1. それは、一冊の本から始まった 親子揃って本好きな我が家。 休日にはKLの紀伊國屋に行って、書籍…
  2. 明けましておめでとうございます すでに1週間近く経ってますがw 今年はもうちょっと更新ペースを上…
  3. ノンフライヤーって知ってますか? 数年前、日本でも大ブレイクした 「油を使わずに揚げ物が作れる…
  4. オビツろいどとは? ねんどろいど、というフィギュアをご存じでしょうか。 手のひらサイズのデフォ…
  5. 相変わらず家でダラダラ寝てることの多い生活ですが なんとか生きておりますw 体調は良くなったり悪…

おすすめ記事

  1. どこ行っても勝手に広がる知名度 私は、元来目立つのが嫌いな性分です。 人の本質部分が見えてしま…
  2. 子供が積極的にお手伝いをする方法 あまり坊主に期待することも無い我が家で 珍しく坊主に期待する目…
  3. さて、基礎の基礎を作りつつも 取りあえず仕事はこなさなければなりません。 当時の私の仕事は …
  4. インターナショナルスクールの進度は、日本と違う。 坊主は現在、マレーシアのローカルインターに通って…
  5. 夏は、体験入学のシーズン 海外の学校は、秋入学の所が多いため この時期は学年末の長期休暇で一時帰…

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る