あなたの学習スタイルはどのタイプ?かんたん診断はこちらから!

ブログ移転時の元サイト対処法

2015 6/14
ブログ移転時の元サイト対処法

移行元のブログは、そのままにしておいてはダメなのです

ブログやサイトを移転した際、よくやりがちなのが
移転しましたー(*´ω`*)とだけ記載して放置すること。

移転元のブログには、記事をそのまんま残してある状態ですね。

この状態ですと、Googleからミラーサイト、つまり
そのままそっくりコピペサイトという判定を受けてしまい
検索エンジン上のペナルティを受けてしまいます。

で、Googleさんはその対処法として

301リダイレクトと、Search Console(旧ウェブマスターツール)の
アドレス変更ツールを利用する

と言う方法を提唱しています。

 

301リダイレクトって何?

301リダイレクトというのは、早い話が
サイトを自動的に転送する設定のことです。
これを行うことで、移行元ブログから訪問者をスムーズに
移行することが出来るだけで無く、検索エンジンに対しても
記事のアドレス変更が伝わるようになっています。

ただ、301リダイレクトは記事単位の変更を検索エンジン側に
伝えるツールですので
サイトそのものの変更を伝えるために、Search Consoleの
アドレス変更ツールを利用するのです。

 

301リダイレクトの対処法、ワードプレスの場合

では、実際の作業について書いていきますね。
この作業は、移行元のブログのみで必要となります。

まずは、ワードプレスの場合。
これはもの凄く簡単です。

移行前に、設定→パーマリンク設定を
移行元と移行先で同じ設定にしておきます。

そして、「Redirection」というプラグインを
移行元にインストール、有効化して下さい。

設定→Redirectionで設定を開きますと
こういう画面が出てきます。

image

Source URL(移行元)「/(.*)$」
Target URL(移行先)「http://移行先のドメイン名/$1」を入れ
Regular expressionにチェックを入れたら
Add Redirectionを押して、設定完了です。
簡単ですね(*´ω`*)

これが、先ほどのパーマリンク設定をしていないと
全てのページをひとつずつ、転送元と転送先設定していかなきゃ
ならなくなるんですよ・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

301リダイレクトの方法、アメブロの場合

さて、前回の記事で書きましたように
このブログに統合されるまでに育児ブログは
sonetブログ→アメブロ→FC2ブログにエクスポート→独自ドメイン
という、とても長々とした経路を辿ってきています。

しかも、以前のブログはすべて
記事をそのまんま残していたorz

これはあかん、何とかしなければ・・(;´Д`)

ということで、アメブロの場合。
これは、以前スパムチックによく使われたコードを
プラグインに挿入します。

<meta httpequiv=“refresh” content=“秒 ; URL=移動先アドレス”>

秒の部分を0にすれば即時に移動します。

ただし、飛ばせる先はトップページのみですので
ここは素直に、全ての記事を削除してしまいましょう。

ちなみに私は、このアメブロのパスワードをすっかり忘れており
ついでにメールアドレスまでどれを使ったか分からなくなっていて(;´Д`)
目的のアメブロにログインするまでが大変でした・・orz

 

残りの無料ブログはどうしたの?

残りの2つは、ちまちま削除していくのに嫌気がさしw
ブログそのものを削除しました。
検索エンジン上は数ヶ月残ってしまいますが、もうこれは仕方が無い(;´Д`)
本当は記事を全て削除した上で
次に述べるツールを使っても良かったと思いますが
流石に面倒になっちゃって・・
のんびりデータが正常化するのを待ちましょう状態ですね。

 

Search Consoleでアドレスの変更ツールを利用する

まず、移行元と移行先全てのブログをSearch Console
(旧ウェブマスターツール)に登録します。
この際、同じグーグルアカウントで登録をして下さい。

で、移行元のブログを選択した後
右上の歯車から、「アドレス変更」をクリック。
サイトに従って新しいアドレスを入力し手続きを進めれば完了です。

 

これで、ブログ統合はすっきり完了(*´ω`*)

余分な作業もたくさんありましたが
これまで放置していたブログも全て対処できたし
何より、書くブログが減ったお陰で随分気分的に楽になりましたね。

今回の経緯を経て思いますが
無料ブログは確かに手軽だけど、いざビジネスに利用して
本格的にワードプレスへ移るとなると手間暇がかかるなーと・・

中々最初からお金をかけるというのは
特にビジネス未経験者にとって抵抗が大きいのですが
できたら、最初からワードプレスを構築した方が
後々の労力はかからなくてすむなーと、実感したのでした。

 

目次