双龍門の足反射区健康法を教えてもらいました

スポンサーリンク

診察が終わって、お昼からは実習なのです(*´ω`*)

午前中、愛同自由医院の黄龍英先生に悶絶させられ(おい)
滝のような鼻水が、ちょこっとましになった私。
昼からは、双龍門足反射区健康法の実習を、諸橋さんから受ける事に(*´ω`*)

足反射区健康法については、こちらが詳しいです。
ずっと気になっていたのですが、今回ジョホールバルで教えていただけることになり
+(0゚・∀・) + ワクテカ +しながらこの日を待っておりました。

・・まぁ、ちょっとどころで無いハプニングのお陰で
えらい体調で受ける羽目になっちゃったんですけどね・・orz

12077360_503304866498521_1317183502_n

最初に足湯でポカポカ(*´ω`*)
「僕もするー!」と、母ちゃんのやってることは全部やりたい坊主
一緒に足湯をしたのはいいんですが
「熱いーー!まだ終わらないのー?q( ゚д゚)pブーブーブー」って
いや10分くらい待ちたまえよwww

12071385_503304863165188_244930505_n

足湯がすんだら、早速講義です。
実際に足を押すポイントや押し方を見せてもらいながら、メモメモ・・
私、熱が上がってきて寒気でジャケット羽織ってますww
でもしっかりメモは取ってますよー(*´ω`*)

一通り講義が終わったら、実技にうつります。
諸橋さんの足をお借りして、指導されたように押して・・るつもりが
けっこう反射区の同定とか、力のかけ方とか難しいのねー(;´Д`)
ひとつひとつ、修正してもらいながら押していきます。

・・・で、その間
「今日はいっぱい待つから、iPadで遊んでいいよ」と言われていたはっくん
そのiPadにまで飽きて、諸橋さんにいたずらしたり
様子を見に来た黄龍英先生のひげを引っ張ったり(!)
傍若無人の極みでございますな・・(´;ω;`)

そんなこんなで、一通り諸橋さんの足で実習が終わった後
次ははっくんの足を押してみることに。

子供の足なので、ちょっと押し方が違うんですね(*´ω`*)

12087367_503304859831855_1336005390_n

で、押し始めた途端に
「おしっこ!」と
走って行ってしまうはっくん・・・( ゚д゚)ポカーン

ちょ、確かに尿路系の反射区を押したけどさ
それはいくら何でも反応早すぎるやろwww

気を取り直して、続きを押していきます。
はっくんはものすごく熱が上がりまくり坊主なので
それに対応した反射区は重点的に押すといいよーと
アドバイスをいただきながら押していたら・・

ashi・・ちょ、どんだけくつろいでいるんですかあなたww

さっきまで、暇でちょろちょろしまくっていたはっくん
すっかり落ち着いて穏やかモードに突入しております。

どうやらうまく熱が抜けて、落ち着いたみたいです。
いやーすげぇ、私のつたない押し方でもしっかり反応してる(*´ω`*)

こんな感じで約3時間。
最後の方はちょっと意識がもうろうとしてたんですけど
家で押すと、ちゃんと手順通りすっと押せるあたり

意外と手はしっかり覚えていたようです。

 

この後、はっくんはすっきりぐっすり、母は・・orz

黄先生の施術と、私の足反射区健康法とで
すっきりしちゃったはっくん。
美味しくご飯を食べて、早々とぐっすり眠ってしまいました。

・・・え、母はって?
この後どうやら熱がうなぎ登りになったようでして
久しぶりに、熱に浮かされながら寝ることになりましたとさ(;´Д`)

一気に熱を放出しちゃったのか
お陰で今回の風邪は、長引かずすっきり治っちゃいましたけどね。
旅先の発熱は、どきどきする物があります。

 

帰ってからも、ちまちま押しています(*´ω`*)

体調が戻ってからは、毎日はっくんの足を押しております。
色々文句を言いつつ押されてますが、最後の方には必ず眠くなるようですw
これ、お風呂上がりに押してから寝ると、めっちゃ寝付きよくなりそうです。

 

今後も講習会は開く予定だそうですよ!

ちなみに、この双龍門足反射区健康法の講習会ですが
希望があれば、日本(八王子)でもジョホールバルでも
定期的に開きたいなー(*´ω`*)と

諸橋さんがおっしゃっておりました。

これ、本来の足反射区療法は100以上の反射区があるんですが
それを家庭用に継続しやすく編集してありますので
毎日ご家庭でも続けやすくなっています。
それでいて効果の方は抜群です(*´ω`*)

気になる方は、双龍門の方までお問い合わせ下さいな〜♪

 

 

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・