新学期、始まる。

スポンサーリンク

昨日から新学期が始まったはっくん。
案の定、前の日の夜から
「学校行きたくないの・・(´;ω;`)」とぽろぽろ泣いておりました。

毎度の事ながら、1週間以上の休みの後は
学校に行きたくない病が発症するようですw
そして様々な言い訳をしてくれますww

ちなみに今日の言い訳は

「今日、風強いから、バス飛ばされちゃうよー
ぼくも飛ばされちゃうかもー」

でしたw
心配するな、いくらマレーシアのバスでも
そこまでやわじゃないww

ま、何も無くても来ない時もあるけど(;´Д`)

 

そう、これも毎回恒例。
新学期初日は、バスのお迎えを忘れ去られますorz

こちらのインターは、結構子供達の入れ替わりが激しくて
新学期にはお迎えルートが変わったり、人数が変更になったりと
色々大変なのはよく分かるのですが

もうね、いくら学校に近くて
しかも一人しか乗らないコンドだからって
そろそろ覚えて貰えやしませんかね orz

 

昨日は・・普段は6時50分にお迎えが来ます。
が、やっぱり待てど暮らせど来ない。

7時15分に、バス業者に連絡をとったら
「うぉ、また忘れられてたんか!」と言わんばかりの反応w
慌ててトップ自らお迎えに来てくれました・・(;´Д`)

今日は7時15分に電話しなくても来てくれました、って
やっぱり指定した時間には来ないよねww

いつもの調子だと、2週間くらいはこんな感じ・・なんですが
今回、2週間後に4連休が待ってます。
また忘れ去られるんじゃね?と半分期待してますよーww

 

矢印矢印矢印いつもクリックありがとうございます♪矢印矢印矢印

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・