お手伝い

スポンサーリンク

ひっこししたら、おしごとするの!とはりきっていたはっくん。

その宣言通り、引越し後は色々とお手伝いをしてくれます。

もちろん、その前には母の努力?があったわけですが・・

取りあえず、日常の家事で何が出来そうか

事細かく書き出すことから始めてみました。

・・すると、意外と出来そうなことがあるんですよねこれが。

一人で出来る事(○)、一緒に出来る事、その中でも見守りでokなもの(▲)と

介助が必要なもの(△)、そしてまだ出来ないこと(×)

この4つに、書き出した項目を当てはめていきます。

例えばご飯の準備ですと

精米 △ (すりきり計量用に補助具)

米とぎ ▲

水を測って炊飯器にセットする ×

野菜を洗う ▲

手でちぎる作業 ○

包丁を使う △ (茹で野菜・豆腐から)

火を使う ×

テーブルを拭く ○

お箸を並べる ○

配膳 ▲ (汁物注意!)

お水をつぐ ○

・・こんな感じです。

で、▲及び△の作業は、母がお手本をして、はっくんがする、の繰り返し。

何でもない動作・・例えばお米を計量カップですくうとか、すりきりにするとか

そう言った動作で悪戦苦闘しております。

・・・まぁ時間もかかりますが、やると言い出したら聞かない頑固者なので

(もう誰に似たんだ・・私だよな・・・・▄█▀█●il||li)気長に見守っています・・

今日は朝から、洗濯機を回したり、お風呂掃除をしたり。

このまま習慣づけて、はっくんはお仕事が出来て楽しい

母は楽が出来て嬉しい、と一石二鳥を狙っておりますww

矢印矢印矢印いつもクリックありがとうございます♪矢印矢印矢印

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

RIE

1979年生まれ。香川県出身。 幼い頃から医師を志し形成外科医として数年勤務するも妊娠・出産にて体力が落ちてしまい、医療現場への疑問も相まって復帰を断念する。 その後サイトアフィリエイター、外資系決済サービスのエージェント、オフショアビジネスのサポート事業などを経て、現在は12歳の男の子を連れてマレーシアに親子留学し6年目。 家族は日本に住んでいる主人(かわいい)と12歳の息子。 趣味はお絵描き、ゲーム、ドール(フルチョSDMオーナー)・器楽演奏(ピアノ・リコーダー)・瞑想と多岐に渡る。 主人にプロポーズされた日に「45歳まではあちこち手を出してもいいよ、45くらいになったらそろそろまとめていってもいいかも」と占い師に言われた通り、アラフォーになっても興味の向いた方向に全力で手を出し学び続けている。これ本当に45になる頃にまとまるんだろうか・・